オーストラリアで必要なものをチェック!

Wiseとは?日本ーオーストラリア間で最も安く海外送金できるサービスだった

Wiseとは??日本-オーストラリア間でお得に海外送金できた
シーニャー

日本からオーストラリアに海外送金する安くていい方法はないかにゃ?

うーな

Wiseっていう会社を使って日本ーオーストラリア間の海外送金が安くて簡単にできたよ!

もっと早く知りたかったと思うくらい海外送金サービス会社の中で1番コスパがいいです。

この記事でわかること
  • Wiseの安さの理由
  • 日本-オーストラリア間の他社との比較
  • Wiseでオーストラリアに送金する方法
シーニャー

Wiseだと、ワーホリ終わりにオーストラリアから日本へ送金するときもスムーズだにゃ!

\ 公式ページで今すぐ開設 /

手数料無料クーポンが付いてくる≫招待リンク

この記事を書いた人
うーなアイコン
うーな(プロフィール
  • オーストラリア在住(2016年~)
  • カナダ・オーストラリアワーホリ経験者
  • 困らないオーストラリア生活情報を発信中
目次

Wiseとは?

Wiseとは、イギリスのロンドンに本社を構える海外送金サービス会社です。

Wiseって名前の前は【トランスファーWise】って名前でした。

Wiseでは海外送金はもちろん、外貨への両替現地の銀行口座を開設して外貨の保有もできちゃいます。

シーニャー

しかも、送金手数料や両替手数料が他社と比べて格安でお得だにゃ☆

うーな

もう日本ーオーストラリア間のお金の送金はWise以外に使わなくなったよ。

Wiseと他社の海外送金サービスを比較表

日本からオーストラリアに海外送金したときと、オーストラリアから日本へ海外送金した場合の2つのシチュエーションで比べてみました。

うーな

日本に帰るときも大金を持っていくことになるからね!
オーストラリアドルから日本円に送金した時も知っておくと帰国がスムーズだよ!

シーニャー

まずは、日本からオーストラリアへ送金した場合を見ていこうにゃ!

日本からオーストラリアに送金した場合

日本からオーストラリアへ送金した場合の受け取り総額を比べました。

円→AUD

今回比較した日本の銀行と海外送金サービス会社は下記の5社です。

  1. 三井住友銀行
  2. 住友SBIネット銀行
  3. 楽天銀行
  4. Paypal
  5. ペイフォレックス

送金額: 500,000 円

スクロールできます
海外送金会社・銀行受取金額
(手数料込みの合計額)
海外送金にかかる手数料
為替レート
(1 AUD → JPY)
Wise5,293.78 AUD
節約額: 228.54 AUD
3,034円93.8773
ミッドマーケットレート
三井住友銀行5,229.03 AUD
– 64.75 AUD
3,500円94.9507
住友SBIネット銀行5,232.27 AUD
– 61.50 AUD
7,500円94.1273
楽天銀行5,195.76 AUD
– 98.02 AUD
1,750円95.8956
Paypal5,065.24 AUD
– 228.54 AUD
499円98.6135
ペイフォレックス5,108.29AUD
– 185.49 AUD
無料
(5000ドル以上)
97.88
2022/7/15の為替レート

送金手数料のほかに、円貨送金時手数料、中継銀行手数料なども含まれています。

シーニャー

Wiseでオーストラリアに送金すると、Paypalで送金した時に比べて約228ドル節約できてるにゃ☆

Paypalのオーストラリアへの海外送金手数料は499円と格安ですが、Paypal独自の為替レートを利用しています。

実際のレートを使用しているWiseは、93.8773に対し、Paypalは98.6135。

その差額【4.7362円】!

うーな

1AUDで見たらたった4円って思うけど、金額が大きくなればなるほど手数料も大きくなって必要のないお金を払うハメに。

オーストラリアから日本へ送金した場合

次に、オーストラリアから日本へに送金した場合です。

AUD→円

比較したオーストラリアの銀行と海外送金サービス会社は下記の5社です。

  1. NAB
  2. ANZ
  3. Westpac
  4. Commonweals
  5. Paypal

送金額: 5,000 AUDドル

スクロールできます
海外送金会社・銀行受取金額
(手数料込みの合計額)
海外送金手数料
為替レート
(1 AUD → JPY)
Wise465,857 JPY
節約額: 23,608 JPY
28.84 AUD93.7119
ミッドマーケットレート
NAB450,384 JPY
– 15,473 JPY
10.00 AUD90.2574
ANZ453,065 JPY
– 12,792 JPY
9.00 AUD90.7764
Westpac448,760 JPY
– 17,097 JPY
10.00 AUD89.9319
Commonweals442,748 JPY
– 23,109 JPY
6.00 AUD88.6561
Paypal
442,249 JPY
– 23,608 JPY
5.99 AUD88.5559
2022/7/15の為替レート

日本に帰国の際もどうやってお金を送金するか迷いどころですよね。

オーストラリアの銀行口座を解約がてら、同時に日本の自分の口座に送金してもいいですが、かなり手数料でもっていかれます。

シーニャー

どの銀行も海外送金手数料は10ドル以内で安く見えるけどにゃ…?

うーな

それが引っ掛けなんだよ。為替レートを見てみると同時レートで3~5%上乗せされているんだ。

Wiseなら、オーストラリアから日本に海外送金してもお得なのが一目瞭然です。

日本-オーストラリア間の海外送金は、どの銀行よりもWiseがお得なので一度公式ページで確認してみてくださいね!

\ 公式ページで今すぐ開設 /

重要

Wiseの送金手数料が2022年8月22日から上がります。(例:オーストラリア 0.60%→0.72%)

Wiseの安さの理由

シーニャー

Wiseってなんでこんな安く日本-オーストラリアに送金できるのか不思議だにゃ?

うーな

Wiseには2つの安さの理由があるんだよ!

Wiseは他社には独自のサービスを展開しているので、ライバル会社や銀行よりもお得に日本-オーストラリア間の海外送金が可能になっています。

Wise独自の安さのワケ

  1. 独自為替レートを使用していない
  2. 銀行の仲介業者がいない

独自為替レートを使用していない

Wiseの日本-オーストラリアに送金が安い理由1つ目は、独自の為替レートを使用していないです。

Wiseの為替レートは、ミッドマーケットレートに基づいた実際の為替レートを使用しています。

為替手数料
シーニャー

送金手数料をめちゃくちゃ安く設定して、独自為替レートとして実際のレートに3%上乗せしてる、、、というのはよくある話だにゃ。

大々的に為替手数料いくら取ってます!って記載がないから、外貨両替に詳しくないとお得だと思ってしまいますよね。

Wiseのサービスでかかる手数料は、海外送金手数料だけ。

それも、送金シミュレーションで表示される金額のみが手数料で引かれます。

うーな

為替手数料が上乗せされていない分、手数料が節約でき受け取り金額も多くなるんだね!

銀行など仲介業者がいない

Wiseの日本-オーストラリアに送金が安い理由2つ目は、銀行など中継業者が介入していないです。

従来の海外送金のシステム

  • 送金手数料
  • 中継銀行手数料
  • 受け取り手数料などが発生
送金手数料 中継銀行手数料 受け取り手数料
シーニャー

余分なコストがかかって必要以上に料金を払ってるにゃ!

Wiseでは、オーストラリアと日本それぞれにWiseの会社がありお金が国境を越えないため仲介業者が必要ないんです!

例えば、、、

  1. 日本円をオーストラリアドルに両替する手続きをする。
  2. 日本のWiseに両替したい金額を入金。
  3. オーストラリアのWiseからオーストラリアドルで受け取る。
Wiseの手数料が安い理由
うーな

仲介手数料が抑えられるだけじゃなくてスピーディーに両替できるメリットもあるんだよ!

【日本オーストラリア間】Wiseで送金する方法

Wiseを利用して「日本-オーストラリア」間で両替する方法はこちらです。

  1. 無料で会員登録をする
  2. 送金手続きを始める
  3. 個人情報を入力する
  4. 口座情報を入力する
  5. 送金内容を確認する
  6. 指定先の口座へ入金する

無料で会員登録をする

Wiseアカウント開設手順①

Wiseに無料でアカウント登録します。登録自体は、5分ほどで完了します!

に登録する

詳しいアカウント開設方法は下記の記事を参考にどうぞ。

送金手続きを始める

Wiseアカウント開設手順③

アカウント登録ができたら、いくら両替したいか金額を入力します。

金額を入力した時点で手数料の総額が一緒に表示されるのが嬉しいです。

1度に両替できる金額は100万円までです。

個人情報を入力する

Wiseアカウント開設手順⑨

個人情報の入力で必要なものを用意しておきましょう。

  1. 現住所が記載されいてる、日本発行の顔写真付き身分証明書
    • 例:マイナンバーカード
    • 日本の運転免許証
    • 在留カード
    • 2020年2月以前に発行された日本国パスポート
  2. 手のひらサイズの紙とペン(4桁の認証コードを書くために必要)
  3. カメラが付いているスマートフォン
  4. マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード

初めて送金するときは、本人確認手続きのため個人情報の入力に時間がかかりますが、2回目以降は不要なのでもっと簡単になります。

口座情報を入力する

Wiseアカウント開設手順④

自分の口座情報を入力します。

送金内容を確認して入金する

Wiseアカウント開設手順⑰

最後に送金内容が正しいのを確認して、金額分のお金をWiseに入金します。

Wiseアカウント開設手順㉒

入金し終えたら、Wiseの画面に戻り、青いボタン「振込を行いました」をクリックします。

入金完了

海外送金サービス

入金が完了すると、自分のアカウントのホーム画面に金額が表示されます。

また、Eメールで振り込み完了しましたの通知が届きます。

初めての海外送金では、本人確認もあるので20分~30分ほどかかりました。

うーな

2回目は10分かからずサクサク~とできるよ!

【日本オーストラリア間】海外送金にかかる時間は?

日本オーストラリア間で海外送金にかかる時間は、公式では0-2営業日ほどかかるとありました。

わたしの場合ですが、初回の送金は入金完了してから2時間かからずに振り込まれました。

うーな

オーストラリアの銀行から日本の銀行に1000ドル振り込んだよ!

2回目以降もスピーディーに送金手続きできていてトラブったことはありません。

もし、手続き3日を過ぎても振込が確認できない場合はサービスセンターに問い合わせて確認しましょう。

Wiseは安全なの?

Wiseは安心できる海外送金サービスです。

安全な理由

  • 各国が定める機関に登録している(日本だと関東財務局)
  • 本人確認を徹底している
  • ユーザーのお金はWiseの資金とは別で管理されている

仮に、Wiseが倒産の危機になったとしても、私たちのお金には手がつけられないよう銀行など第三者によって守られています。

うーな

小難しいこと並べたけど、ずっとWiseを使ってる身としては安全性は確認済です。

まとめ|Wiseは日本オーストラリア間で1番お得な海外送金サービス

Wiseを使って日本-オーストラリア間の海外送金がめちゃくちゃお得にできて感動しました。

今まで銀行やキャッシュパスポートを使ってたのほんと後悔。

シーニャー

汗水たらして稼いだお金を1円もムダにせず賢く海外送金しましょうにゃ。

日本-オーストラリア間でどうやってお金を両替しようか悩んでいる人は、ぜひWise利用してみてくださいね!

\ 公式ページで今すぐ開設 /

手数料無料クーポンが付いてくる≫招待リンク

うーな

最後まで読んでくれてありがとうございました!うーなでした~

オーストラリアのワーホリや旅行に関しての疑問や質問、記事の感想などございましたらお問い合わせページ、またはツイッターのDMよりお待ちしています。

Wiseに関するその他の記事一覧

投げ銭でサポートする>>
Wiseとは??日本-オーストラリア間でお得に海外送金できた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次